お知らせ

お知らせ

【コラム】入学・入社シーズンについて

2016.04.25

 4月も半ばとなりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 中央キャリアネット㈱のホームページをご覧頂き誠にありがとうございます。


 4月というと新年度、新生活、新入生、新社会人と新しい門出を迎える季節です。そして、
入学式や入社式といった行事が行われる季節でもあります。


 ですが、【4月=入学式・入社式】というのは世界規模で見たときに当たり前ではないということ
をご存知だったでしょうか?


 今回のコラムは「なぜ4月に入学・入社式なのか」を書いてみようかと思います。


■入学式が4月の理由

・日本が明治に切り替わったころ、先進国の中心であったイギリスの会計年度の区切りが
4月1日~翌年3月31日であったことから明治政府はそれを見習い、会計年度を4月1日から
翌年3月31日に変えたので、それ以来、新年度の始まりは4月となり現状に至っている様です。

・明治19年(1886年)陸軍が入隊の届出開始日を9月から4月に変更


・明治19年(1886年)高等師範学校の学校年度を行政に合わせて4月1日から翌年3月31日にすることを決定

(師範学校、小学校、旧制高校、帝国大学という順で4月入学に変わっていった)


 このように先進国のイギリスを見習い、当時の政治的要素や世相などを反映し「4月入学」というものに
切り替わっていったわけです。


 では、世界では一体いつが入学式なのかというと、9月(アメリカ・カナダなど)や1月(オーストラリア・
シンガポールなど)、はたまた6月(フィリピンなど)という国もあるそうです。
また、日本のように厳格な式典ではなく、パーティー形式で入学式を行うという国も少なくはないようです。


 ですので、冒頭お話したように【4月=入学式・入社式】は当たり前ではないようです。


 私個人の印象は、4月の新緑や花にかこまれたフレッシュなこの時期に、新入生や新社会人を見ると
周りも元気を貰えるので、そういった行事が梅雨時や寒い時期ではなく4月で良かったなと思っています。
(皆さんはどのような印象をお持ちですか?)


 最後までコラムを読んで下さりありがとうございました。


※今回、凡人の私が調べたことは一例であり、事実と異なっている可能性もあります。
 その際はご容赦下さい。


                                            【小松】

友だち追加FacebookFacebook
アーカイブ
  • 来社面談・WEB面談
  • スタッフ専用ページ
  • 就業サポートセンター
すぐに働ける高時給のお仕事特集!
  • ☆☆すぐに働ける高時給特集☆☆
     
      詳しくはこちらから
      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
特集
中央キャリアネットのWeb面談を知っていますか?
  •  ☆詳しくはこちらから☆
     
      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
特集
中央キャリアネット株式会社
〒371-0844
群馬県前橋市古市町360-2

TEL.027-219-3555
FAX.027-210-7411
アクセスマップ
ページトップへ